公認会計士

専門学校に通い試験対策をすることで誰もにチャンスがある公認会計士

    

学歴や受験資格がないことで、受けようという気にさせられる資格が公認会計士ですが、実際は大変権威が高い資格であり、医師や弁護士と並ぶ難関の資格として有名です。

主な業務は企業の決算を監査する仕事であり、投資家に適切な情報を提供する業務です。それは日本経済を支えていることを意味します。

そんな公認会計士ですが、学歴など必要ないことから誰にでもチャンスがあります。受験しようという気持ちが大切ですので、まずは可能性から見てみましょう。

『CHANCE』

誰にでもチャンスがある

受験資格もありますので、どんな学歴であったも試験を受けることができ、18歳で合格した人もいます。ただ非常に難関な資格ですので、それなりの勉強量が求められます。

たとえ試験に通ったとしても、その後補佐業務を2年以上して、修了考査という最終試験に通れば公認会計士になります。ともあれ、最初の試験がとても難関であり、これに受かることが公認会計士になる資格を与えられたようなものと言えるでしょう。

もちろん誰でもチャンスがあることは変わりありません。

独学は難しい

学歴がない人でも勉強することは自由です。ただ独学となると非常に難しい壁があります。公認会計士の試験を受けるとき、マークシート式の知識を問う試験に合格すれば、その次に論述式の試験を受けることになります。

これはとても難しく、ひとりで勉強するとなると限界があり、誰かに添削をしてもらわなければ難しいです。ただ専門学校もあり、通信教育もありますので、添削してもらう環境は整っていると言えるでしょう。

誰でも受けることができるからこそ、その環境を自分で整えなければ、合格するのが難しいです。熱心に勉強に励むよう自分を追い込むことも必要になります。