公認会計士

女性としてみる公認会計士の働き方を少しだけですがご紹介しておきます

    

公認会計士の資格を取得してしまえば、男女の区別など関係なく、女性でも活躍の場が広がっています。また福利厚生が整っていることも多く、結婚、出産育児を両立しながら、働ける環境が整っている監査法人も多いです。

資格さえ取ってしまえば、女性でも長く勤めることができるのが公認会計士になります。

眼鏡をかけた女性

独立も可能

主に監査法人で大企業を相手に仕事をすることになりますが、その後独立して企業を支える存在になることも可能です。主にコンサルティング業務になります。

また公認会計士になることで、税理士の資格も取得することができることから、事務所を構えて地域の中小企業を相手に仕事をすることができます。

独立すれば、周囲の人に迷惑かけることなく、高い収入を得ていることで、出産や育児を両立できる可能性も高くなるでしょう。復帰をしやすい環境を自ら作ることができる資格と言えます。

家族の理解も必要になる

ただ監査法人で仕事をしている場合、企業に出向かなければなりません。本社が首都であったり、海外となると長期間の出張となり、旦那さんとの理解が必要になるケースがあります。

結婚前に監査法人で勤めて、その後結婚し、独立するとなると、自身で事務所を構えて、好きなように働くことができます。公認会計士だけではなく、税理士の業務も行うことができますので、仕事に困るようなことは少ないはずです。

他の職業と比べて、女性として働きやすい環境、もしくは誰にも迷惑をかけにくい環境を築ける可能性がこの資格にはあります。

女性の活躍が政府方針で出されていることから、これからも女性の社会進出が促進されることになるでしょう。今のうちに公認会計士という職業に目を付けておくのも良いです。