公認会計士

将来性としてみる公認会計士はどう捉えて考えていくべきなのでしょうか?

    

日本3大難関資格なんて言われており、医師や弁護士と並ぶ権威ある資格が公認会計士です。そのような資格になることから、将来を約束されたような気になりますが、実態はそうでもないことがわかります。

公認会計士としての将来性とこれからを見ていきましょう。

迷路に迷い込んだ男性

現在は飽和状態

大変難しい資格と言われていますが、公認会計士が現在飽和状態であり、就職難と言われています。資格を取得した後は、大半の方が監査法人に就職しますが、新人を採用する枠がないことで資格を取っても就職難に晒されている人たちが多いです。

苦労して資格を取ったのに、公認会計士として働き口がないのは悲劇的です。ただ他の可能性がありますので、それを見てみましょう。

税理士としての活躍も

公認会計士の資格を取得した人は、税理士の業務を行うことができます。税理士の登録をするだけで、すぐにでも業務を開始することができますので、開業することによって、職を手にすることができます、

税理士といえば中小企業の税務や会計帳簿を作成する仕事です。税務署に申告するための書類を作成し、そして削れるところはアドバイスを行うことができます。

公認会計士と同時に税理士として活躍することも可能です。ただ税理士の方が公認会計士になるには、改めて資格を取らなければなりません。あくまでも公認会計士だけが税理士を名乗ることができます。

難関ですが、学歴が関係ないことにも起因して、公認会計士の数が飽和状態になっています。今後、合格者を減らすことも考えているようですが、短時間で就職難が解決するとは考えにくいです。

税理士という生きるための選択、もしくは知識を高めて企業に経営戦略を行うコンサルティング業務というのも、ひとつの仕事になるでしょう。